ロッカーの鍵開けマニュアル!鍵紛失時はこうしよう

以外に多い?!ロッカーの鍵トラブル

助けて!鍵開け難民の叫び【会社のロッカー編】

もし会社で使っているロッカーの鍵を紛失してしまった場合、自分が従業員もしくは管理者かで対処方法が変わってきます。具体的に双方でどのような違いが出てくるか見てみましょう。

従業員が鍵を紛失したケース

まずは上司に鍵を紛失した旨を報告

一番はじめにやっておくべきことは、鍵を紛失した旨を上司に伝えることです。その後の判断は上司が考えます。もしそこで始末書の提出を求められたり業者への鍵開け依頼などを求められたりしたら、その通りに動きましょう。上司に報告せずに業者に鍵開け依頼をしたときには許される場合もありますが、報告無しの状態で鍵交換や鍵作成などを依頼・実施した場合、責任問題となることもあります。その部分はしっかり認識しておきましょう。

始末書を書く

始末書を書くことになったら、紛失に至った経緯や原因、反省の意などを込めて執筆し、報告した上司に提出しましょう。書き方が分からないという方は、始末書の雛形やネット上にある始末書のテンプレートなどを利用すると良いでしょう。

管理者が鍵を紛失したケース

鍵開けを手配

自分が管理者であるという場合は、経営者の許可を得た上で、業者に鍵開けや鍵作成の依頼を出しましょう。自社がテナントに入っており、一連の鍵を管理会社が管理しているのであれば、管理会社が鍵の専門業者を指定している場合があります。その場合はしっかり確認した上で業者に依頼するようにしましょう。

警察に紛失届を提出

鍵を紛失したことが明らかであると思ったら、警察に遺失届を出すことをおすすめします。と言うのも、落とした鍵を拾った誰かが警察に届けている可能性も十分にあり得るからです。

鍵開け費用を節約するコツ

男性

鍵開けを業者に依頼した場合、当然鍵開けや鍵作成の料金がかかってしまいます。この費用を少しでも抑えたいという方は、相見積もりを利用しましょう。相見積もりは、インターネットを通して簡単に利用することができます。作業料金の比較が容易にでき、それに加え業者の対応もチェックすることができます。

TOPボタン