コインロッカーの鍵開けは管理事務所がやってくれる?!

以外に多い?!ロッカーの鍵トラブル

助けて!鍵開け難民の叫び【コインロッカー編】

コインロッカー

駅や空港などに設置されているコインロッカーを頻繁に利用している、という方は少なくないと思います。では、このコインロッカーの使用時に鍵を失くしてしまった場合、どのようにすればよいのでしょうか。対処法とそこでの注意点を紹介したいと思います。

コインロッカーのカギを紛失した場合の対処方法

とりあえず落ち着いてコインロッカー事務所に連絡

使用しているコインロッカーの鍵を紛失してしまったときは、まず管理事務所に連絡するようにしましょう。管理事務所の連絡先や問い合わせ時間は、コインロッカーのどこかに貼られているはずです。問い合わせ時間として定められている時間帯でないと当然対応してもらえないので注意しましょう。

係員さんによる鍵開け

管理事務所に連絡し、鍵を紛失した旨を伝えると、事務所から係員がロッカーの元に来てくれます。そこでマスターキーを使って鍵開けをしてくれます。その前にロッカーの中身を聞かれるのですが、これは他人が開けるのを防ぐためです。

コインロッカーの鍵開け時の注意点

身分証明書を提示
コインロッカーの鍵を紛失し、管理事務所の係員に鍵開けをしてもらう際、氏名や住所、電話番号などが記載された身分証の提示を求められます。それらが全て済んで初めて鍵開けが行なわれます。身分証明書の提示には運転免許証や国民健康保険証などを利用すると良いでしょう。
鍵紛失代金が発生
コインロッカーの鍵を紛失してしまった場合、そのコインロッカーを管理しているところに対し鍵の紛失代を支払わなければなりません。鍵の紛失代は1,500円くらいで、高くても2,000円くらいとなっています。コインロッカーの使用料金も支払う必要があります。

TOPボタン